九戸戦始末記 北斗英雄伝

公式ホームページ       <日夜合戦中です>

早坂昇龍(ノボル)&蒼龍舎                            



獄門峠 ─盗賊の赤虎が大猿退治に加勢する話─        早坂昇龍

 本作は未公表作品である。
 このため、ここでは冒頭の触りのみ紹介する。

 盗賊の赤虎はふとしたことで大湯四郎左衛門と知り合った。
 大湯四郎左衛門は「大猿退治」の助力を赤虎に求めるが、赤虎はそれを断る。
 しかし、島の女・利江との間に生まれた息子の巖徹が、大猿を操る「猿の三次」にさらわれたことを知り、赤虎は大猿退治に関わって行くようになる。

 『獄門峠』─盗賊の赤虎が大猿退治に加勢する話─ 

大湯四郎左衛門の家紋
大湯四郎左衛門の家紋

(一)間違えられた男
 今は昔のこと。地侍たちが相争っていた頃の話である。
 一人の男が奥州の鹿角郡を訪れていた。
 その男は、名を赤平虎一と言った。
 しかし、世人の多くは、その名を短く詰めて「赤虎」と通称した。
 この「赤虎」は北奥を荒らす盗賊団の首領であった。盗賊とは言っても、専ら赤虎が襲ったのは、民に重税を課す侍や、富を貪る悪徳商人たちである。
 赤虎はこのような者たちから穀物や財宝を奪うと、貧しい下々の民にそれを分かち与えた。
このため、世人はこの盗賊のことを畏れる一方で、半ばは敬いもした。赤虎は侍や商人たちからは悪人として怖れられたが、貧しい民からは敬意を払われていたのであった。
 
 時節は陰暦八月の終わりで、吹く風の冷たさが身に染みるようになって来る季節であった。
 この時期になると、赤虎は数多の戦闘で得た傷を癒すため、鹿角の山中で湯に入るのを習わしとしていた。
 湯治場には湯が沸いているだけで、他には何もない。赤虎が持参した酒なども、三日と持たずに尽きてしまった。
 そこで、赤虎は湯に入り始めてから六日目に、湯治場の外に出掛けることにした。
 この湯治場の近くに小さな宿場があり、そこにあるいずれかの宿屋に行けば、酒が置いてあったからである。
 この日、赤虎が訪れたのは、「沖屋」という名の店であった。
 山の中にある宿屋なのに、「沖屋」とは、如何にも奇妙な名づけ方である。
 それはこの店の主人が元々漁港の育ちで、鹿角に移り住むようになる前は、長らく漁師をやっていたからである。
 ある年に鰹の大豊漁があり、港の漁師皆が一時(どき)に大金を手にした。沖屋の主人はそれを機に漁に出るのを止め、こんな山家に移り住んだのだ。
 そういう理由で、主人はこの地で商売を始めるに及んで、店の名前を「沖屋」に決めたのだった。

 さて、宿屋と言っても、それはほぼ名ばかりの襤褸(ぼろ)家であった。
 この家は元々馬喰商人が住居としていた建物で、前は大きな厩の隣に幾分こじんまりした母屋があるだけであった。
 その襤褸屋を安く買い取った主人は、家を改造し、部屋の数を二倍に増やした。 
 この母屋の部屋数は八つで、今の主人はそのうち十六畳ほどの大広間を客間として、客を雑魚寝で寝泊まりさせていた。
 雨露を凌げる程の屋根の下に、客に寝床を貸すばかりの宿ではあったが、意外に美味い酒と肴を出したので、店はそれなりに繁盛していた。

 この日、赤虎が店を訪れると、広間の中には五六人の旅人が、思い思いの場所で寝転んでいた。
 赤虎は宿屋の玄関口で、店の主人にひと声「酒をくれ」と声を掛け、広間に上がり込んだ。
 赤虎が室内に入ると、先にいた客たちが揃って視線を向けて来た。
 赤虎は背丈が六尺を超える大男である。
常人の間に入ると、頭ひとつ飛び越える高さであるため、否応なしに人目を惹いてしまうのだ。
 赤虎は外套を脱ぐと、手早く畳んで脇に置き、茣蓙(ござ)の上に腰を下ろした。この日は湯治場よりこの店に直行したため、外套の中は小袖に奴袴(ぬばかま)の軽装である。

 部屋の中央には大きな囲炉裏があり、また各所に火鉢や手あぶりが置かれている。
 また、まだ申の刻になるかならぬかの頃合いだが、客たちは皆酒を飲んでいた。
このため、火の暖かさと人の熱気が相まって、部屋の中は息苦しさを覚えるほどであった。

 少し酒が入ると、直ちに赤虎の体が火照って来た。そこで赤虎は着物の両袖を捲り上げ、襟を少し緩めた。
 赤虎の腕や胸倉には、幾多の戦闘で得た刀創が刻まれている。
 体躯の大きさに加え、この刀創である。
 周囲の旅人たちは、この大男に尋常ならぬものを感じ、次第に視線を背(そむ)けるようになった。
 そんな中、少し離れた場所にいた一人の男だけが、時折、赤虎の様子を盗み見ていた。
 狐目の男は、それまで始終せわしなく周囲を見回していたが、赤虎が現れてからは赤虎だけを注視するようになっていた。
 暫くすると、その男は、ひと声「間違いない」と呟くと、立ち上がって、部屋の外に出ていった。

 赤虎は破れ障子の隙間から外の景色を眺めつつ、盃を口に運んだ。
 その様子を見ていたこの店の主人が、下働きの一人に声を掛ける。
 「ほら。そちらのお客に酒をお運びしろ。お代わりは二本だぞ」
 主人は赤虎の風体と物腰を見て、咄嗟に上客と踏んだらしい。
 赤虎が主人に顔を向ける。
 すると、齢五十を幾つか超えていそうなその男は、赤虎の機嫌を取るように愛想笑いを返して来た。
 「そのお里はまだこの店に入ったばかりで、気がききません。遠慮なく何でも言い付けなすって下さい。へへ」
 そこに女が小走りで酒を運んで来た。
 「ごめんなさい。気が回らなくて」
 徳利を下ろす女の手が白く美しい。
 その手の美しさに惹かれ、赤虎は思わず上を見上げた。女はその手の持ち主にふさわしい、小ざっぱりとした顔つきをしている。
 (何処(どこ)か見憶えのある表情だ。俺は一体何処でこの女を見たのだろう。)
 己の記憶が定かでなければ、本人に訊けば良い話である。
 「お里と申したな。俺はぬしと、前にどこかで会ったことがあっただろうか」
 女は赤虎に顔を向けぬまま、くすりと笑みをこぼした。
 「お客さん。こんな下働きの女を口説くより、酌婦をお呼びになった方が早いですよ。呼びましょうか?」
 それを聞き、赤虎の方も「ふっ」と笑いをこぼした。
 「そうか。『ぬしと前にどこかで会ったか』は確かに女子に言い寄る時の常套句だな。だが今の俺は、本当にどこか別の所でぬしに会った覚えがあるのだ」
 「そうなんですか?どれどれ」
 女は赤虎の真正面に立ち、顔を覗き込んだ。
 「ううむ。さて、どこで会ったのかしら」 
 女は小さく首を傾げながら、赤虎を見詰める。
齢は二十五六といったところだろうか。
 人目を引くような美人ではないが、今も娘時分の清楚さを保ったままでいるようだ。
 ここで女が口を開く。
 「お客さん。やっぱり私には分からないな。お客さんみたいに大きな人なら、間違いなく憶えている筈だけど・・・」
 この答えを聞き、赤虎は話を締め括る。
 「はは。やはり気のせいだったか。ぬしのように器量の良い女子を見たら、大方の男がそう思いたくなろう」
 「やっぱりお客さんもそう思う?」 
 「そう。やはりな」
 軽口に軽口を返すところは、この女の頭が回る証拠である。赤虎はこのお里という名の女子が少し気に入った。

 お里が客間から厨房の方に姿を消すと、表から男たちがどかどかと踏み込んできた。
 入って来たのは、総勢十人を超える侍たちである。
 まず初めにその中の一人が歩み出て、客の全員に聞こえるように声高に叫んだ。 
 「よし皆。我らはそこの男に用がある。関わりの無い者はこの部屋から外に出ろ」
 その侍が指し示したのは、他ならぬ赤虎であった。
 己を真っ直ぐ指で示されると、物事にあまり動じる事のない赤虎も、ほんの少しだけ身を固くした。
 (こやつら。この俺を捕えに来たのか。)
 すると、それまで周囲に座っていた客たちが、大慌てで土間に駆け下りた。
 それと入れ替わるように、ばたばたと足音を立て、侍たちが土足のまま客間に駆け上がる。 侍たちはいずれも手槍や刺叉といった武具を携えていた。
 赤虎は無意識のうちに刀を探し、右手で周囲をまさぐったが、生憎(あいにく)、大刀はこの宿の入り口で主人に預けていた。
 役人たちが赤虎を囲み、じりじりと輪を狭める。
 先程、部屋に入りしなに声を上げていた侍が、ここで再び前に出た。
 「おい。貴様は楠(くすのき)の半蔵だろう。貴様の首には賞金がたんまり懸けられているというのに、なぜ里に下りて来たのだ。馬鹿なやつめ。もはや逃れられんぞ。大人しくお縄を頂戴しろ」
 「楠の半蔵だと・・・」
 (何だ。人違いか。だが俺が誰かを知れば、果たしてこのまま捨て置くかどうか。)
 赤虎はしかし、今は話の流れに従う他は無い。
 「俺はその半蔵とか申す男ではない。人違いだな」
 この答えを聞き、役人が気色ばむ。
 「何を言う。貴様のように六尺を超える上背(うわぜい)を持つ者は滅多におらぬ。加えて、その刀傷だらけの体躯を見れば、貴様が日頃よりまともな暮らしなどしておらぬことは歴然だ。このごろつきめ!」
 役人は初めから終始居丈高な口調である。
 赤虎は少々むっと来た。
 「別人だと申しておろうに。その楠の半蔵とは一体どのような男なのだ?」
 これで役人が眼を剥いた。
 「知らばっくれるな。貴様が猿(ましら)の三次の右腕だということは、この北奥中に知れ渡っておろう。人相風体とも、手配書に書かれた通りではないか」
 役人は懐から紙を出し、赤虎の眼の前で拡げて見せた。
 「良いか。今ここで読んでやるぞ。上背六尺一寸から二寸。左胸と右の腕にそれぞれ大きな刀傷が一本ずつある、と書いてある」
 その言葉に赤虎が「ふふ」と笑いを漏らした。
 「貴様。何を笑う!」
 「背の高さと傷跡だけでは、この俺様がその楠の半蔵だという証(あかし)にはなるまい。それにこれを見てみろ」
 赤虎は己の襟を開き、胸前を晒した。
 「刀傷が一本あるどころか、俺の傷跡は数え切れん位の数だ」
 「おお」
 赤虎の胸には数十本の傷跡がある。その凄まじさに、周りの侍たちが数歩後退(ずさ)りした。

 この時、役人の輪の後ろから、声を掛ける者がいた。
 「お役人様。そちらの御仁はこの先の湯治場に来なすった方ですよ。その方は確か閉伊郡(へいのこおり)の方で、ここには毎年来ておられます。猿の三次の一味とは一切関わりが無いように思われますが・・・」
 声を上げたのは、この店の主人であった。
 主人は赤虎と眼が合うと、小さく頷いて見せた。
 その主人の隣で、女が口を添えた。
 「そうですよ。この方は到底人殺しをするような悪人ではありませんよ」
これはお里である。
 二人の話を聞いて、あの役人が眉間に皺を寄せた。
 「間違いなくここに楠の半蔵がおると、我らに報せて来た者がおるのだ。おい、口入れ屋の松。何処(どこ)ぞにおるのだ。出て来て証(あかし)を立てろ」
 役人が広間の中を見渡すが、その口入れ屋の姿はとんと見当たらない。
 「あいつめ。賞金首を見つけたからすぐに来いと、我らを呼び付けて置きながら、一体何処へ行ったのだ」
 ここで役人が気を取り直し、もう一度赤虎の方に向き直った。
 「では改めて訊ねる。貴様が楠半蔵でないなら、一体誰だ。何という名なのだ」
 もちろん、赤虎は無言である。赤虎自身、北奥中に名の知れ渡った盗賊であるから、答えようがない。
 「ほら見たことか。貴様は己の名を答えられまい。その傷跡を見れば一目瞭然で、貴様はいずれにせよ盗人か人殺しだろう。貴様が楠の半蔵であろうとなかろうと関わりない。城に引っ立てて、貴様の悪事を暴いてやる」
 赤虎はその役人を睨み返した。
 (確かこの鹿角郡(かづののこおり)では一度も仕事をしておらなんだな。なら、試しにそう言ってみるか。) 
 「おい。俺は確かに善人ではない。と申すより、ぬしの言う通り、確かに悪人の類だ。だが、この鹿角郡(かづののこおり)では何ひとつとして悪事を働いてはおらぬぞ。ぬしは一体何の咎(とが)でこの俺を掴まえようと言うのだ」
 これに役人がせせら笑う。
 「ほれ白状したな。この盗人め。貴様を捕縛するかしないかは我らが決める。貴様は一体何者だ」
 赤虎は「ふう」とため息を吐いた。
 (毎度ながら、またもややこしい話に巻き込まれる訳だな。面倒な事だ。)
 赤虎は己の手元に置かれていた手炙りから、さりげなく鉄の火箸を抜き取った。
 (こんな腑抜け面をした侍どもなど、これで十分だ。)
 「俺か。俺はな・・・」
 ここで赤虎がすっくと立ちあがったので、周りの役人が一斉に身構える。
 赤虎はその役人たちに言い放つ。
 「俺の名は赤平虎一と言う」
 周囲を囲む人垣に、どよめきが起きた。
 「盗賊の赤虎」の名は、やはり北奥中に鳴り響いていた。
 「おお。毘沙門党の赤平虎一だと」
 「あの赤虎か」
 「何と。楠の半蔵より、はるかに大物ではないか」
 役人たちの眼が一斉に丸くなった。

 この時、広間の入り口の方から、新たに数人が入って来た。
 「道を開(あ)けよ!」
 赤虎を取り囲む人垣が崩れ、三人の侍が姿を現した。
 「どれ。北奥にその男ありと知られた、盗賊の赤虎とは一体どんな男だ。わしにその顔を見せよ」
 三人の中央に立つ男が口を開いた。
 その侍の年恰好は凡そ四十と幾つ。
 赤虎とほぼ同じくらいである。
 筋肉質のその体を見れば、幾度の戦を経験してきた兵(つわもの)であることが歴然であった。
 「お前が赤虎か。噂に違わぬ大男だな。ふふふ」
 その侍の飄々とした物腰に、赤虎はじっと動かず様子を見守った。
 「話は外で聞いていた。ぬしの申す通り、もしぬしが赤虎だとすると、確かにぬしはこの鹿角郡では何ひとつ悪事も働いておらぬ。ぬしの本拠は閉伊郡や岩手郡だろう。あるいは斯波辺りまでか。いずれにせよ他領で何を行っておろうと、この鹿角で罪を問われることはない」
 この侍の意外な言葉に、家来たちは「え」と声を上げ、互いに顔を見合わせた。
 その家来たちを一瞥し、周囲に睨みを利かせつつ、侍が言葉を続ける。
 「わしの名は大湯四郎左衛門。大湯鹿倉館の主だ。昨夜この先の村を賊が襲ったので、今から調べに参るところだった。たまたまこの近くを通った時に、口入れ屋の松と申す男が、賊の一味の者がいると報せて来たので、急遽、ここに回ったのだ」 
 「なるほど。随分と手回しが良いと思ったが、別に捕り物があったわけだ」
 赤虎の言葉に、大湯四郎左衛門が頷く。
 「猿(ましら)の三次の一味は、ただの盗賊ではない。村人を丸ごとかどわかしては、女子どもを売り飛ばす。大人の男は、手足の一部を切って動けなくしたうえで奴婢にする。その上、役に立たぬと見れば、容赦なく野山にうち捨てているらしい」
 「それは酷(ひど)い」
 「そやつらが狙うのは、辺鄙な山奥の小さな村だ。やつらは老若男女、総ての村人を連れ去る。よって、やつらに襲われた村には、人っ子一人おらぬようになる。語る口が一つも無くなってしまうから、これまでなかなか悪事が露見しなかったのだ」 
 「狙われるのが金持ちや侍なら、直ちに腰を上げるだろうが、下々の者たちであれば、六に調べもせずに捨て置かれるだろうな」
 赤虎の皮肉を聞き、四郎左衛門の表情が少し強張った。
 「そこは残念ながら、ぬしの申し通りだ。巧妙なことに、これまで猿の三次は、山奥の村ばかり狙って来た。それで神隠しが起きたと噂になったが、その実はそやつの所業だったのだ」
 「俺はこの北奥の動向については、隅々まで承知している。しかし、そんな男の話は聞いたことがないぞ」
 四郎左衛門が頷く。
 「うむ。猿の三次は、一年ほど前に出羽米沢から移って来た男だ。よって、北奥に来てからまだ日が浅い。米沢の前は上方におったようだしの。仲間は初め数人だったが、米沢のごろつきを呼び寄せ、今は四十人はおるようだ。おまけに・・・」
 四郎左衛門がここで言葉を止め、ため息をひとつ漏らした。
 「おまけに何だと申すのだ」 
 「猿を手下にしておる」              (続く)
.