九戸戦始末記 北斗英雄伝

公式ホームページ       <日夜合戦中です>

早坂昇龍(ノボル)&蒼龍舎                            



其の十九 北斗妙見の章(前編)

 其の十九 北斗妙見の章(前編)のあらすじ

 「妙見」とは「物事を見通す優れた力」の意で、善悪や真理を見通す者ということである。妙見菩薩は、他の印度仏教を由来とする菩薩とは異なり、中国の星宿思想に基づき北極星を神格化したものである(北辰・北斗妙見)。九戸一族は、この妙見菩薩を守り神としている。

 天正十九年八月二十七日卯の刻。
 上方遠征軍は、前日中に全軍が宮野城に集結していた。また西からは出羽勢、北西からは津軽勢、北からは南部勢が寄せ、宮野城を包囲した。

 まず宮野城の北側には、地元勢を率いた南部信直が陣取った。白鳥川の向こう岸のその位置からは城の様子は見えない。よって、戦の趨勢を知る為には、頻繁に物見・伝令を送る必要がある。
 馬渕川の西岸には、北から松前(蠣崎)慶広、津軽(大浦)為信、秋田(安東)実季、仁賀保勝利、小野寺義道が陣取った。
 次に城の東には井伊直政、その南には浅野長吉が本陣を構えた。
 さらに、大手門の正面には堀尾吉晴が布陣し、そのやや西に蒲生氏郷が陣取っている。

 卯の刻となり、堀尾、蒲生勢が進攻を開始した。
 大手門の手前七丁迄寄せると、そこで、まず双方三千兵ずつが鬨の声を上げながら門前に殺到した。この城攻めの第一波では、攻め手の側に三百人の死者と、それとほぼ同数の負傷者を出した。
 まさに攻める側の完敗である。

 次に東側から井伊直政が石沢館に攻め掛かった。宮野城の曲輪の中で、若狭館と石沢館は、本丸から比較的独立した構造となっている。
 この内、石沢館の方は本来厩であり、防御の備えに薄い。
 井伊直政は、この時を逃すまじと、一気果敢に攻め掛かった。
 「空同然の館を落とすことなど、一時も要らぬわ」
 直政は自ら陣頭で指揮を執り、二千兵で館の横腹を突こうとした。
 攻め手が館に取り付いた、まさにその時、次々と館の塀に小穴が開いた。
 石沢館の塀には、五十を超える鉄砲狭間(銃眼)が開けられていたのである。
 「やや」
 攻め手の兵たちが一様に眼を見張る。
 間髪入れずその狭間から火縄銃の黒い銃身が突き出されると、城兵は攻め手に向け一斉射撃を開始した。
 最初の銃撃が一旦収まると、今度は高櫓の上から矢が雨と射られる。その攻撃が終わると、再び銃撃が始まる。
 「これはいかん。ひとまずは退け」
 井伊軍は、一旦攻撃を中止し、再び猫渕川を渡った。
 九戸政実は、攻め手の予想に反し、石沢館に一千人近くの兵力を置いていたのであった。
 九戸方でこの方角の守備に当たったのは、大湯四郎左衛門と大里修理である。
 
 同日の申の下刻。
 上方遠征軍の本陣の中では、蒲生氏郷と浅野長吉が頭を寄せていた
 「御免」
 片手で陣幕を除け、四郎兵衛が中に入ると、氏郷が顔を上げた。
 「四郎兵衛。首尾はどうだ」
 氏郷の問いには、四郎兵衛の傍らにいた物見の兵が答える。
 「六百人程やられました。負傷兵は凡そ四百。傷を受けた者の半分は深手にござります」
 「・・・」 
 氏郷の顔が歪んだ。
 「たった二度の攻撃で六百人が死んだか。未だ大手門に指一つ掛けられぬと申すのにな」
 「申し訳ござりませぬ」
 四郎兵衛は地面に膝を落とし、両手を着いた。

 天正十九年八月二十八日。
 本陣に曽根内匠が現れた。内匠は一人の男を従えている。男の名は常呂兵衛と言った。
 兵衛は、敵の鉄砲隊の力量を測る為、自らが捧げ持つ的を、城内の工藤右馬之助に撃たせようと言うのである。
 常呂の申し出は勿論策略であるが、兵の士気を落とさぬ為には、ここで逃げる訳には行かない。
 しかし、右馬之助は一戸城で受けた傷が癒えず、鉄砲を構える事が出来ない。
 この為右馬之助の代わりに平八が立ち、三十匁砲をもって、因縁の相手である常呂兵衛を、的の傘ごと撃ち倒した。

 天正十九年八月二十九日。
 再び上方征討軍による攻撃が始まった。
前日とは異なり、今度は主力の大半を投入する作戦に出たのである。
 上方軍に較べると、九戸方は明らかに兵力に劣る。よって、東南二方向から一度に攻めれば、必ず防御線の何処かが崩れる筈である。
 まず蒲生、堀尾の両軍が、西の台(後の松の丸)を盛んに攻め始めた。

 西の台では、櫛引清政が兵たちに号令を掛けていた。
 「聞け、法師岡の兵(つわもの)たちよ!」
 防護柵の内側に造られた盛り土の陰には、主と共に法師岡から来た百五十人の兵たちがいた。
 丁度敵の攻撃が一旦小休止した頃合である。皆が揃って主の方に顔を向けた。
 「三戸と戦えぬのはちと惜しいが、今我らが戦っているのは、その三戸の主・南部大膳が頼みとする鬼関白の手の者じゃ。糠部の民の生き死には、我らの戦いように懸かっている。上方の軟(やわ)い奴らに、武士(もののふ)の死にざまが何たるかを見せてくれようぞ!」
 「おう」「おう」
 この鬨の声が終わらぬ内に、新たな敵襲が始まった。
 既に二番柵も引き倒され、四五百人の敵が斜面をよじ登っていた。その後ろには、さらに数千人が続いている。
 この斜面を上り切ると、西の台の中心に侵入する事が可能となる。程無く西の台が敵の手に落ちるのは歴然である。
 「そりゃあ!」
 櫛引清政は、郭上に上がって来ようとする敵を、槍で次々と突き殺した。
 周囲では、清政と同じように、九戸方の兵士たちが敵に応戦している。
 しかし攻め手は、あたかも雲霞(うんか)の群れのようにこの高台に殺到していた。
 「篠。もうじきじゃ。わしは漸くお前の所に行けるぞ」 
 清政の脳裏では、柔(にこ)やかに微笑む妻・篠の姿がはっきりと見えていた。
 八月二十九日午の下刻。櫛引左馬助清政討死。

 同日亥の刻。
 西南の三の郭(丸)の外から、蒲生軍を主力とする総勢八千が陣太鼓を打ち鳴らし、鬨の声を上げた。
 その声は、まさに山々を揺るがすかという程の大音声であった。さらに蒲生軍は、殆ど間を置かず宮野城に銃撃を加え始める。
 宮野城内では、必然的に敵が西南から攻め入って来ると見なし、直ちに三の郭方面への兵力を増強した。
 その隙に、東では井伊直政が水濠の切り崩しに掛かる。猫渕川の堤防を決壊させると、川の水位が下がる為、濠から水が流出する。要するに濠の水脈を閉じる作戦である。
 宮野城内では、当初はこの事態に気付かなかった。丑の刻になり、若狭館の見張りが濠の水位の低下を発見し、直ちに本郭に報告した。
 この時、若狭館の兵を指揮していたのは、久慈中務(政則)である。政実は今が最も重要な戦局であると考え、己の実弟である中務を、この館に送ったのであった。

 攻め手の井伊直政は八丁後ろに陣を構えていたが、此処に報せが届いた。
兵は地面に片膝を落とし、ぜいぜいと息を荒げながら報告する。
 「猫渕川の土手は崩しました。朝には濠の水は引きます」
 「しかし・・・」
 これで直政は、自軍に相当の被害が出たことを知った。勿論、城からの激しい銃声は、直政の耳にも届いていた。
 「どれ程の怪我人が出たのだ?」
 その兵は直政に返事をする為に顔を上げた。
 「闇の中でござりましたので、今だ定かではござりませぬが、死人が三百から、事によると五百に達したかも知れませぬ」
 直政はこれを聞くと、落胆の表情を顔に表わした。
 「僅か今日一日の間に、六百から八百の兵を失ったと申すのか。それでは、この俺は既に負けたも同然ではないか」
 井伊直政がこの地に連れて来た兵力は、三千に幾分満たぬ程度である。此迄の死傷者を合計すると、既に自軍の三分に近い損耗となる。
 まだ三十を過ぎたばかりの侍大将は、「ふう」と溜め息を吐き、ゆっくりと床机に腰を下ろした。

 天正十九年八月晦日巳の下刻。
 蒲生軍が口火を切り、宮野城への総攻撃が始まった。布陣はそれ迄と同じで、南から大手門方面へは蒲生軍主力と堀尾勢が当たった。また東からは井伊、浅野勢に加え、蒲生の増援軍が取り付いた。 
 この日の攻撃は包囲陣の内二万八千人で、残り一万人は二番三番備えや小屋番でやや後方に待機していた。
 氏郷の怒りを代弁するかのように、蒲生軍は東南の双方向から最前線に立ち、郭内突破を目指して真っ直ぐに進軍した。
 この内、数十人が若狭館への侵入に成功した。
 久慈中務は館表門の内側に仁王立ちに立ち、門を開こうと走り寄る敵兵に自ら応戦した。
 配下の兵たちは、次々と寄り付く敵兵に応戦する為、何時の間にか散開し、中務の周囲には誰もいなくなっていた。
 そこへ敵兵が一人また一人と寄り付き、五人で中務を取り囲む。
 これに気づいた畠山重勝の目前で、久慈中務の背後に敵兵が走り寄り、その背中を刀で刺し貫いていた。
 八月晦日未の刻。久慈中務、若狭館にて討死。

 天正十九年九月一日辰の下刻。
蒲生本陣に諸将が集まり、軍議が開かれた。この軍議では、死傷者の数や軍備の状況など、各陣からの現状報告が為された。
 征討軍が直面していた第一の問題は、自軍の死傷者の数が敵陣をはるかに上回っていることである。
 沼宮内攻撃以後の戦では、征討軍は敵九戸方の死傷者の二倍を超える損耗を生じさせている。
 このままの状態では、例え城を落とす事が出来たとしても、実質的には負けに等しい。
 その辺、今の関白秀吉は己の名を汚すような事態を見逃す事は無い。関白に落ち度があると見なされれば、首を切られてしまうことになる可能性すら無い訳ではない。
 二つ目の問題は兵糧不足である。兵一人が一日に雑穀を五合食べるとして、総勢六万人を越える征討軍では、少なくとも日に三百石、すなわち七百俵の穀類が必要となる。これは馬積みでは三百五十頭で、牛車ではほぼ七十台に充当する。
 この量で僅かに一日分である。
 軍備兵糧は本来、各陣が自前で支度すべきものである。しかし、如何せん大軍の遠征でもあり、十分な準備が出来ない。遠征地で調達しようにも、二戸九戸は元々作物が多く採れる土地ではなかった。
仮に出羽津軽など隣国から牛車で運ぶとなると、五日程度の日数が掛かる。これでは間に合わない。
 沼宮内戦の際に、南部勢の運ぶ兵糧が奪われてからは、穀物の管理を一元化して行うものとし、石田三成がその任を任されている。三成は二戸北西に陣を構え、地侍を配下に置き、征討軍の各陣に兵糧を供給していた。
 戦はすっかり膠着し、日一日と伸びて行く。もはや兵糧の底が見えて居り、各陣に供給される量は激減していた。
 三つ目の問題は、この地の寒さである。
 とりわけ、この数日は急な寒波が押し寄せており、兵たちが難渋している。
 六万を超える大軍である。手近な山の柴や朽木は既に採り尽くして居り、暖を取る薪が払底していた。
 征討軍の兵たちは、空きっ腹を抱えるだけでなく、夜の寒さを凌ぐのにも苦労するようになっていた。
 このような情勢を鑑みて、上方軍は宮野城に使者を送るものとした。使者は南部信直の進言により、伊保内長興寺の薩天和尚が選ばれた。薩天は九戸政実の幼馴染である。

 天正十九年九月二日巳の刻。
 宮野城の大手門の前には、僧二人が立っていた。 薩天とその連れの慧海である。
 半刻の後、二人は本郭の中にいた。
 目前には城主の政実が一人で座っている。二人の五間後方には、政実の弟の隼人正実親、櫛引清長、大湯四郎左衛門、七戸家国ら有力な侍大将が控えている。
 薩天は懐から一通の書状を取り出した。
 「軍大将が自ら名を書き入れた書状にござります」
 「ふむ。どれ、読ませて貰おうか」
 若侍が歩み寄り、薩天から書状を受け取り、政実の許に届けた。
 此処で政実が口を開く。
 「この戦。敵を数多く倒す事が勝つ事ではない。この地に生きる者の命をなるべく損なわずして、この後二度と関白の兵が攻め込まぬようにする事。それが成された時、初めて勝ったと言えるのだ」
 「はい」「はい」
 「和尚。敵の本陣に行き、明日わしが自ら話をしに赴くと伝えよ。皆はかねてより申し伝えた手筈で支度せよ。明日明後日が、その時だぞ」
 「はい」「畏まりました」
 政実の有無をも言わせぬ圧力に、居並ぶ侍たちは、揃って床に手を付き拝礼を返した。

 一刻の後、薩天は再び蒲生本陣の中にいた。
 「九戸さまは、明日此処にお出でになられます」
 「一時はどうなることかと思ったが、九戸将監も案外簡単に応じたな。薩天殿。将監殿は何か申していたか」
 長吉が訊くと、薩天は返答を一瞬躊躇した。長吉がその表情を見て重ねて問う。
 「何か申して居ったのか」
 薩天は此処で腹を決め、口を開く。
 「己の命など、何時でも蒲生さまに差し上げる、と申されました」
 これを聞き、氏郷と長吉は、薩天に向かい二人揃って丁寧に頭を下げた。
 (後編に続く)

.